遮断室を設置することで、特別な操作不要で無菌室としても感染室としても
使用可能です。
遮断室の室圧を最も低くすることで、病室外へ及び病室内への流入及び
流失を防御できます。
それにより、易感染患者も感染患者もクリーン管理された病室で治療が可能
となります。



特許申請中
ハイブリッド式の特長e
ハイブリッドTypeは、病室内が無菌管理(陽圧仕様)ながら、外部からは陰圧隔離
しているシステムです。
すなわち、無菌病室としても感染室としても、特別な操作なしで使用できるシステム
となっています。
ハイブリッドType
外部 操作パネル
病室内 操作パネル
Top
More
病室内にはユニットシャワートイレ(UST)・洗面器を設置しています。
前室には、感染用手洗い器を設置しています。
オプションで、透析用給排水ユニットの設置も可能です。

第一種感染室

病室に、洗面器・シャワートイレユニット・透析ユニットを設置したプランです。
病室内は、常時-50Pa 前室は、-30Paに保たれています。
機械室は省スペース設計になっています。
手洗い・トイレ・シャワー
平面プラン
水周り

タッチパネル

病室内と、外部(ナースステーション)に、操作パネルを設置します。
病室内は、温度制御、外部には操作及び運転状況が分かる表示パネル
を設置できます
再循環方式の採用で、機械室の省スペース化が可能となりました。
再循環方式の採用は空調機の小型化が可能になり、省エネにもなっています。
オールフレッシュ方式の選択も可能です。

再循環方式
制御機器
単独空調
陰圧仕様の感染室から陽陰圧切り替え室・ハイブリッド室まで
ご要望に合ったシステムを提案させて頂きます。
一般的な、陰圧仕様での感染室として、第一種・第二種感染室があります。
また、一般病床として使ったり、簡易感染室で使ったりと使い分けをご要望の場合は、簡単な操作で陽陰圧を切り替えられる
陽陰圧切り替え室があります。
また当社独自のシステムで、クリーンルーム(陽圧室)でありながら、陰圧隔離することができるハイブリッド室があります。
感染室